投資家に評判のいい日本財託|おすすめできる理由について

スーツの人

どのような会社か

マンション

サービス内容

日本財託は平成2年に設立された法人で、新宿区に本社を構えています。この日本財託は130名ほどの従業員をかかえ売上は200億を超えていますが、不動産の投資、マンション経営・マンション投資の会社として業界内でも評判となっています。日本財託のマンション投資は東京・横浜の物件に限定している事が最大の特徴で、特に中古マンションに的を絞っています。他にはマンション投資に関わるリスク、いわゆる家賃下落や修繕費、空室になった場合等のリスクを数字化し、目に見える形で顧客に伝えています。これにより顧客はリスクが具体的に見える事で納得感が増すと評判を得ています。さらに日本財託の特徴として、仲介手数料は一切かかりません。また空室保証制度により万が一空室になった場合でも家賃の補償が一定期間あります。さらに入居者が家賃滞納した場合でも、滞納保証制度があります。管理費は他社よりも圧倒的に安く3000円となっている事から高利回りが実現できます。このようにマンション投資には大きな特徴がありますが、管理面では入居率が98%以上、そして審査基準を独自の基準にしている為、外国人や学生の方でも入居しやすくしています。管理においては空室期間を少なくするかが重要なポイントなので、入居者が退去してから7日以内に内装を完了し、次の受け入れが出来るような体制をとっています。このように物件紹介や管理面では独自性を打ち出しており、日本財託を利用するメリットは高いと評判になっています。なお不動産投資の会社は業界にも多数ありますが、口コミでの評判を参考にするなど、自分にあった会社を見つける事が重要です。